35歳独身女性が転職後に選んでいる職種は?面接時の服装も!

こんにちは、まりちです。

 

そろそろ転職をしようかと考えているんですが、
年齢を重ねるに連れて活動するのが億劫になってきませんか?

 

倒産とか、お給料の未払いがあるとかでなければ、
なるべく転職はしたくないものです。

 

でも、パワハラとか、職場に意地悪な先輩がいるとか、
さまざまな理由で転職を決意することもありますよね。

 

20代なら次の仕事もすぐに見つかりそうですが、
35歳を過ぎると計画的に動かないと苦労をすることも・・・。

 

今回は35歳の独身女性の転職の成功談・失敗談、
面接時の服装などをまとめてみました。

スポンサーリンク


まずは将来をしっかり考える!

 
転職する理由は人それぞれ。

「正社員にしてもらえないので将来が不安」
「お給料が少なくて生活が厳しい」

など、現状に不満があると思います。

 

どんな理由があるにしても、
転職を考えている人は、しっかりと将来を考える必要があります。

 

自分はどういう人生を送りたいのか・・・。

 

結婚するのかしないのか。

結婚したら仕事を辞めるのか、続けるのか。

子供は欲しいのか。

キャリアアップをしていきたいのか

 

30代の女性を採用する場合、
独身者よりも既婚者が採用されやすいようです。

 

35歳となると、早くに結婚して出産をした方は、
子供が中学生ということもありますよね。

 

いつ結婚して退職するかわからない独身女性よりも、
子育てが一段落して、長く働いてくれそうな既婚女性を
採用するほうが、企業にとっては価値があるんです。

 

職種や経験にもよりますが、
特に資格を持ってない人は転職する前にしっかりと考えてから
動くようにしたほうが無難です。

 

私の職場でも40代50代の事務の方たちは、

「次の職場を見つけるのが大変だから」
「この歳で転職活動するのめんどくさくて」

こんなことを言ってるのをよく聞きます。

 

嫌な上司がいても、雇用条件がひどくても、
健康に仕事ができていて、お給料がきちんと支給されているうちは、
間違っても衝動的に仕事を辞めるのはやめましょう!

スポンサーリンク


35歳独身女性が転職後に選んでいる職種は?

 
独身者の転職活動は簡単ではありませんが、
実際に35歳を過ぎても転職活動に成功している人はたくさんいます。

 

転職活動に成功した人はどんな職種を選んでいるのでしょうか?

 

1、企画・管理系

 
企画・管理系とは、人事、経理、総務、経営企画など。

 

転職前もこの職種に付いている女性が多いので、
同じ職種でスキルを磨いたり、経験を積んだりできる環境を
求める人が「企画・管理系」を選んでいます。

 

■経理のアシスタント事務 → 経理
■人事アシスタント → 労務

 

こんな感じでキャリアアップしているんです。

 

IT業界では、経理・人事・マーケティングなどの
経験者に対するニーズが高いので、年収アップも狙えます!!

 

転職で重要な仕事を任されるようになったり
お給料がアップすれば、やる気もでるし嬉しいですよね。

 

2、事務・アシスタント系

 
プライベートと仕事の両立がりやすいイメージのある
職種で人気が高いです。

 

前職で「事務・アシスタント系」で活躍していた方がほとんどですが、
「販売・サービス系」「受付」などから転職した方も!

 

これまでも経験やスキルを生かして
転職している方が多いようです!!

 

3、営業系

 
転職前に営業をやっていた人はほとんどいないので、
キャリアチェンジで思いきって営業に挑戦した方が多いです。

 

営業は他の職種に比べると求人が多いので、
比較的就職しやすい職種といえると思います。

 

勤務時間ではなく売上で評価されることが多いので、
時間が自由になったり、柔軟な働き方をしたり、
自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのが人気の秘密です。

 

金融や不動産、医療系などの特定の領域に特化した営業スキルや人脈が
あると、企業から評価されて年収がアップするケースも多いようです!

 

35歳での転職は簡単ではありませんが、
今までやってきた仕事のスキルを生かして転職に成功
している人が多いようです。

 

社会人になってから13年続けてきた仕事だと、
それなりのスキルがあるので仕事もやりやすいし、
それなりにお給料ももらえるはずです。

 

自分が転職することを考えても、歯科衛生士以外は
考えられないな〜と思います。

 

お金の計算をしたり、電話に出たりって、
ちょっと自信ないです・・・。

 

職種を変えるのって勇気が必要ですね。

 

営業職に転職する方も多いですが、
自分には考えられないのでスゴイなと思います!!

 

ただ、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができたりするので、
チャレンジしてみるのもありかもしれません。

 

また、新しく資格を取得するのもおすすめです!

 

35歳の転職におすすめの資格は?

 

介護系の資格

 
高齢者が増え需要があるのが介護です。

 

ヘルパー、ケアマネージャー、介護福祉士など
介護の資格を取得すると、資格に有利です。

 

介護の仕事は求人も多いし、
仕事をしながら資格取得を目指せるので、
転職にもおすすめです!!

 

ただ向き不向きがあるので、
その辺はしっかりと考えた方がいいと思います。

 

私の家では祖父を在宅で介護していますが、
本当に大変です。

 

一番大変なのはトイレ関係ですね。

 

赤ちゃんと違って量も多いし匂いもキツイので、
生半可な気持ちではできません。

 

看護系の資格

 
覚悟があれば看護学校に行くのもおすすめです。

 

学校に通う3年間は大変ですが、
資格取得すれば仕事に困ることはないでしょう。

 

看護学校に通うと、病院から奨学金をもらえることがあります。

 

卒業後にその病院に勤務するという制約はありますが、
それで授業料をまかなうことができるので、
学費の心配はいらないんです。

 

実は私も看護学校を受験したことがあるんですが、
筆記試験で落ちてしまいました。

 

一般試験だと高校生と同じような試験内容になるので、
英語や数学などなど、普通のテストがあるんです。

 

それで見事に落ちました。

 

私は病院で歯科衛生士をしているので、
看護師さんと一緒に仕事をする機会も多いです。

 

仕事の幅を増やせたらと考えたんですが、
そんな甘い考えでは入学すらできませんでした。

 

看護師を目指すには、
受験勉強をしなくてはいけないし、簡単ではありません。

 

面接時の服装は?

 
以前私が働いていた職場に面接にきた方で、
服装で不採用になった方がいました。

 

どんな服装だったかというと、
地味なパンツとブラウスにサンダルというスタイルでした。

 

夏だったのでサンダルだったと思いますが、
このサンダルが原因で不採用となったんです。

 

常識的に考えて、面接にサンダルで来るのはよくないですよね〜。

 

一体どんなスタイルで行くべきなのでしょうか?

 

リクルートスタイルはだめ

 
最近は「私服でお越し下さい」という企業もあるようですが、
「服装自由」だったり特に指定のないときはスーツで行くのが
無難かと思います。

 

ただ、リクルートスーツはNGです。

 

リクルートスーツを着ていると大人の社会人に見えず、
仕事ができそうに見えなかったりするんです。

 

清潔感があって、
自分のサイズにあったスーツを選びましょう!

 

女性の場合、営業職でなければ、
パンツスーツは避けた方が無難なようです。

 

アパレル系や美容系はおしゃれに!

 
アパレル系や美容系など、
おしゃれな職種の場合は、面接時の服装もおしゃれにしましょう。

 

ベージュのスーツにしてみたり、
スカーフを巻いてみたり。

 

きちんと感、清潔感のある私服で
自分のセンスをアピールするのもいいかもしれません♡

 

Tシャツやジーンズ、サンダルはNGなので、
注意して下さいね!

 

まとめ

 
35歳独身女性の転職後の職種や
面接時の服装についてまとめてみました。

 

35歳独身女性の転職は簡単ではないかもしれませんが、
将来をしっかりと考え、職種を選べは成功するはずです。

 

服装でダメになることがないように、
その辺りはしっかりと準備して面接に臨んで下さいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)