60代で独身女性が老後資金を作る方法は?足りないときの5つの対処法!

 
こんにちは、まりちです。

 
以前は 60歳になったら 定年退職するのが一般的で、
仕事をしているのって会社の役員とか経営者とか、
一部の人だけでした。

 
時代が変わって現在は、
60歳を過ぎても多くの人が仕事をしています。

 
最近の60代は若いし元気ですよね!

 
60代でもまだまだ働いて収入を得られるのが今の社会ですが、
やっぱり、 60代 老後資金がないと焦りますよね。

 
今回は60歳から老後資金を貯める方法を
まとめてみました。

スポンサーリンク


年金はいくらもらえるの?

 
年金の計算は複雑でわかりにくいですが、
大まかな金額をだすことは可能です。

 
国民年金は加入期間のみで受給額が決まり、
厚生年金は加入期間+加入期間中の平均給料で決まります。

 

 
厚生年金に加入していた方は
厚生年金+国民年金を受け取る事ができるので
年金受給額が比較的多くなりますが。

 
国民年金のみに加入していた方は
国民年金のみの受け取りなので、年金受給額は少なめです。

 

年金受給額早見表

国民年金

 

厚生年金

 

共済年金

 
以上が加入期間と平均給与から算出した
年金受給額の目安となります。

 
老後資金のシュミレーションはこちら♩

 
もっと詳しく自分の状態を知りたい場合は
日本年金機構の 「ねんきんネット」が便利です!!

 
利用登録すれば、自分の最新の年金に関する
最新情報を知ることができます。

 
スマホからでも利用できるので、
ぜひ活用しましょう!

 
また、 60歳前後の方は、年金事務所に
直接相談に行くのが確実です。

 
年金事務所に行けば確実な金額がわかるし、
年金は繰り上げ受給、繰り下げ受給も可能で、
それぞれの金額を算出してくれると思います。

 

自分の年金受給額の目安がわかり、
それでも 老後資金が足りない場合はどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク


とにかく仕事をする

 
企業によって定年の年齢は異なり、
60歳の場合もあれば、65歳のところもあります。

 
年金開始年齢が65歳なので、
徐々に65歳になってくるとは思いますが・・・!

 
老後の資金が準備できていないのに
60歳で定年になり収入がなくなってしまった場合。

 
かなりピンチです。

 
といっても、今の60代は健康で元気なので、
別な 仕事を探して働きましょう!

 
50代のころと働き方や収入は異なりますが、
仕事はたくさんあります。

 
無理をして体調を崩しては困るので、
体調と相談しながら、働きましょう。

 
仕事をしないで家にいるよりも、
適度に仕事をして体を動かした方が健康的だったりもしますし!

 
健康的になってお金を稼げるのなら、一石二鳥!!

 
ここでポイントとなるのが、健康保険です。

 
毎月支払う国民健康保険料って結構な負担になります。

 
勤務先で健康保険に加入させてもらえるのであれば、
お願いしたほうが経済的に楽になるはずです。

 
勤務する時間によっては加入が義務づけられているので、
確認してみて下さいね。

 

雇用保険を活用する

 
雇用保険に5年以上加入していて、
60歳〜65歳までの間に賃金が75%未満に下がった場合。

 
雇用保険の給付金が受け取れる可能性があります。

 
失業給付等も受け取れるはずなので、
退職したらハローワークで確認してみましょう。

 
私も退職したときにハローワークに行って感じたんですが、
自分の知らない制度ってたくさんあります。

 
そのほとんどは、
自分から申請しないと受けられません!!

 
ハローワークに相談に行き該当する制度があれば
当然教えてもらえるので、絶対に行った方がいいです。

 

節約する

 
収入が減りどうしようもないのであれば、
支出を減るように節約するしかありません。

 
独身女性で賃貸に住んでいる場合は、
家賃の安い公営住宅への 住み替えを検討するのも1つの方法です。

 
年金を受給するまでの間、
これで乗り切れるようであれば、乗り切りましょう!!

 

年金の繰上げ受給を検討する

 
現時点での年金の 受給開始年齢は、
原則 65歳となっています。

 
ですが、経済状況や個人の考え方などを尊重し、
65歳より前に年金を受け取れる「繰上げ受給」とういものがあります。

 
65歳以下の方でどうしても経済的に苦しい場合は、
繰上げ受給を選択するのも1つの方法です。

 
繰上げ受給は60歳になればいつでも受給開始できます。

 
ただ、 繰上げ受給には デメリットも多いので、
それを知った上でどうするのか、しっかりと考える必要があります。

 

繰上げ受給のデメリット

 
繰上げ受給は60歳になればいつでも開始できますが、
前倒しで年金を受け取る分、 減額されてしまいます。

 
減額は一生続くので、
長く生きればそれだけ損をしてしまうのです。

 
どのくらい減額されるのかというと、

アルバカさん
前倒しした月数×0.5%

 
77歳くらいまで生きるとをするようです。

 
77歳といえば女性の平均寿命に届いていないので、
かなりの確率で損をすることになります。

 
その他にもこんなデメリットが・・・。

■65歳まで遺族年金と併給不可(繰上げ直後に夫が死亡した妻など、65歳以降の年金が減る可能性大)
■長期加入者特例、障害者特例は受けられなくなる
■在職中は厚生年金に在職調整がかかる
■60歳以降に障害者になった場合の障害年金がほぼもらえなくなる

 
デメリットも多い繰上げ受給ですが、
60歳になって収入が何もない人にとっては
ありがたい制度です。

 
年金事務所で相談し、よく考えて決めて下さいね。

 

それでもどうしようもないときは・・・

 
■仕事ができない
■仕事が見つからない
■節約しても生活できない
■年金を繰上げても生活できない

 
こんな方は 生活保護に頼るしかありません。

 
でも、生活保護に頼る前に、
なんとか自分でどうにかする方法を考えて欲しいのです。

 
今って副業をしてる人が多いのをご存知ですか?

 
多くの人が収入源を2つ3つと持ち、
複数の場所から収入を得ているんです。

 
私の本業は歯科衛生士ですが、
歯科衛生士の仕事2つとインターネットの仕事1つと、
3箇所から収入を得ています。

 
一箇所の収入が少なくても、
それが三箇所になるとそこそこの収入になります。
 

インターネットの仕事は体力を必要としないので、
定年した方でも、体に負担なく作業することができます。

 
インターネットができる環境と、
スマホやパソコンなどがあれば大丈夫です!!

 
私は海外旅行が大好きで、
一時は引っ越しができないくらい貧乏でした。

 
ですが、インターネットでの副業を始めたおかげで、
毎月20万円を貯金できるようになりました。

 
インターネットを利用した仕事ってあまり知られていませんが、
頑張れば誰でも収入を得ることができます。

 
これからは年金+インターネットで副業
という形で収入を得る方が増えると思われます!

 
毎月3万円でも5万円でも
安定した収入があると嬉しいですよね。

 
自宅でできるインターネットの副業はこちら♩

 
こちらを参考にして下さい^^

 
60代はまだまだ若いです!!

 
収入が増えれば老後の生活が豊かになるし、
真剣にビジネスに取り組み有意義な時間を過ごすことにも繋がります。

 

まとめ

 
60代での老後資金の作り方をまとめてみました。

 
60代だと若くて健康な方が多いですが、
無理をすると体調を崩して大変なことになってしまいます。

 
年金事務所、ハローワーク、市役所、区役所などなど、
困ったら公共の機関に相談してみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク