独身女性は寿命が短いって本当?早死にしやすい6つの意外な理由!

 
こんにちは、まりちです。

 

今日はちょっとテンションが上がる出来事が。

 

先日テレビで桃の皮を一瞬で剥く裏技が紹介されていたので
やってみたところ、驚くほど上手くでき、

嬉しくってテンション上がりました〜!!

 

桃って大好きなんですが、
皮を剥くのが面倒くさいなといつも思っていたんですよね。

 

ただ、この裏技、
熱湯と冷水を用意する必要があるので、

桃1個なら包丁で剥いた方が早いかな〜という感じでした。

 

2,3個剥くならおすすめです♡

 

さて、ここ数ヶ月で5キロも体重が増えてしまい食事や生活習慣、
健康に気を付けて生活をしようと考えを改めている今日この頃。

 

調べたところによると、
独身女性って寿命が短いというデーターがあるんです。

 

なかなかショッキングですが、その理由って気になりませんか?

 

「独身貴族」という言葉もあるし、
既婚者よりも独身者の方が余裕があって長生きするイメージだったので
このデーターを見て驚きました。

 

100歳まで長生きしたいとは思いませんが、
老後をとことん楽しみたいとは思います!!!

 

独身女性の寿命が短い理由を知っておけば、
早死はしなくて済みそうですね。

スポンサーリンク


独身女性の平均寿命は?

 

40歳女性の平均寿命の調査結果です。

 

40歳で未婚:37.18年
40歳で既婚:45.28年
40歳で死別:43.32年
40歳で離別:40.49年

 

この結果をみると、
確かに独身女性の寿命が短いです・・。

 

既婚の女性と比べると、 寿命に8年の差がありますね。

 

1度結婚してバツイチとなるよりも、
生涯独身でいる方が厳しい生活になるということなのでしょうか?

 

今の時代、必ずしも「長生き=幸福」とは言えないと思うので、
この結果について調べてみました。

 

定年まで仕事を頑張って、老後の為に貯金も頑張ったのに、
老後を楽しむことが出来なかったら悲しいですよね。

スポンサーリンク


独身女性が早死にする5つの理由を調査!

 

1)食生活が乱れる

独身って自由で良いですよね。

 

何を食べても、何も食べなくても、
誰に何かを言われることはありません。

 

でも、自由になりすぎると健康に害を及ぼすことがあります。

 

独身者だと朝食は食べない、昼はコンビ二や外食、
夜はスーパーのお惣菜や外食と、

出来合いの物を買ってきたり、外食することが多くなり、
食生活が乱れてしまうのです。

 

料理が大好きで毎食のように自炊をしている人はいいのですが、
一人暮らしだと、お惣菜を買った方が安上がりなこともしばしば。

 

しかも、仕事帰りにスーパーによると、
お惣菜が2割引とか半額とかになっていることも多いんですよね。

 

私も一人の時は、仕事の帰りに天ぷらとか唐揚げとか
お惣菜を買ってきて、

それとビールで良いかな〜なんて思うこともよくあります。

 

出来合いの物を買ってくれば、時間の節約にもなるし、
自分の身体を休めることもできます。

 

ミミちゃん
好きなときに好きな物食べられるなんて、羨ましいけどな〜!!

 

2)孤独によるストレス

 

独身で一人暮らしをしている場合、
一人で過す時間が長くなりがちです。

 

家族と同居していれば、
何の予定もなく家にいたとしても、家族買い物に出かけたり、
食事をしたり、一人で過すことって案外少ないものです。

 

でも一人暮らしだと別で、特に私が孤独を感じるのは、
連休を一人で過しているときです。

 

何年か前のゴールデンウィークのことですが、
4連休だというのに、何も予定を入れなかったことが
あるんです!!!

 

当時の私は一人暮らし。

 

ちょっと家でのんびりしようと思っていたんですが、
4連休となると、時間を持て余してしまうものです。

 

一人で買い物に出かけてみたりしましたが、
連休なので、家族やカップル、グループなどなど、
一人でいる人って意外に少ないんですよね。

 

無性に孤独を感じ、寂しくなり、
急遽実家に帰ったことを覚えています。

 

孤独ってストレスになるようで、
長期に渡る孤独は、 毎日タバコを15本吸うのと同じくらい
健康に悪いそうです。

 

これ、驚きますよね!!!

 

私はタバコを吸いませんが、タバコを毎日15本吸うことが
どれほど健康に害を与えるかはわかります。

 

友人が多く社交的で、週末は家にいることはほとんどない
という方は心配ないかもしれませんが、

疲れない程度に予定を入れておかないと、
孤独によるストレスを受けてしまいます。

 

ミミちゃん
私も家で一人でいる時は寂しいから、気持ちわかるな〜。

 

3)睡眠不足と寝過ぎ

「睡眠時間が少ない=早死」というのは
なんとなくわかるのですが、 寝過ぎもよくないそうです。

 

ベストな睡眠時間は 6時間〜8時間
6時間未満だと12%も若くして亡くなる人が多く、

睡眠時間が9時間以上の人も早死にする傾向にあり、
心臓発作が2倍、死亡率は3,5倍にもなるそうなんです。

 

これにはビクッとしました・・・。

 

独身って自由なので、深夜の3時くらいまで起きていても、
休日にお昼過ぎまで寝ていたとしても、

注意してくれる人っていないんですよね。

 

既婚者なら、お昼過ぎまで寝ていたら、

「いつまで寝ているの?」
「起きなさい!!!」

なんて怒られそうですよね。

 

逆に、連日のように深夜まで仕事をしていたら、
体調を心配してくれるはずです。

 

そんな存在のいない独身者は、
どうしても寿命が短くなってしまうのかもしれません。

 

ミミちゃん
規則正しい生活って本当に大切なのね〜!

 

4)体調の変化に気付きにくい

 

一緒に生活をしている人がいると、
自分では気付かないちょっとした 体調の変化
気付いてくれることがあります。

 

最近朝起きるのが辛そうとか、
疲れた顔をしているとか、
食事をしっかりととっていないとか。

 

この状態をスルーしてしまうと、

特に仕事をバリバリしているような方は、
根詰めてしまい、過労で倒れてしまうことも。

 

ミミちゃん
自分を気にかけてくれる人の存在って、本当にありがたいこと♡

 

5)将来の不安

 

独身女性の悩みの上位に入るのが、 お金に関する悩みです。

 

生涯独身の場合は、自分の生活費は自分で稼ぐ必要があります。

 

定年まで今の仕事を続けられるのだろうか、
安定して収入を得られるだろうか。

 

また、老後を考えても、年金が減り、
受給開始年齢が引き上げられている現在、年金を当てには出来ません。

 

そもそも、年金だけでは生活が出来ないし、
将来を考えると不安で不安でたまらなくなってしまいます。

 

独身女性の多くは、
将来に不安を抱えているのです。

 

私は最近副業を始めましたが、
生涯独身である可能性を考えると、将来が不安になります。

 

本業もですが、副業ももっと頑張らなくちゃ!と・・・。

 

ミミちゃん
病気になって仕事が出来なくなる可能性もゼロではないし、
色々と考えると、真面目な人ほど悩んでしまうかも・・・。

 

6)誰かの為に生きたいと思う

結婚していると子供や家族がいるので、
この人たちの為になんとしても生きようと思うのではないでしょうか?

 

守るべき存在がいることで、生き甲斐や張り合いが生まれ、
日々の生活が生き生きとしてくるのではないでしょうか?

 

独身女性には守るべき存在がないので、
自分だけならもうどうなってもいい、長生きしなくてもいい
そんな風に思うのだと思います。

 

「誰かの為に生きる」
それが長生きする1番の秘訣なのかもしれません。

 
気持ちの持ちようですね!!!

 
私は独身なので、「誰かの為に生きる」なんてことは
考えたこともありませんでした。

 

子供がいたら、将来が気になるし、
立派な大人になるまでは育てなくちゃとは思いますよね。

 

そして、孫がいれば、
その成長を見たいと思うものなのでしょうね!!

 

何歳まで生きたい?

 

「長生き=幸せ」は必ずしもイコールではないと思います。

 

人には色々な考え方、生き方がありますが、
子供がいて、孫がいて、自分が健康であれば、
長生きしたいと思うかもしれません。

 

私の祖父は介護がないと日常生活がままならない状態ですが、
ひ孫もいるので、生きることに貪欲です。

 

私が結婚するまでは死ねないと、
以前言われたこともあるんです。

 

私が自分の将来を考えると、
独身だったら、そこまで長生きしなくても良いのかなと思います。

 

年金で生活の全てがまかなえるのであれば、
健康であれば何歳まで生きても良さそうですが

今の日本の社会では、
老後を生きる為には、ある程度のお金を貯めておかなければなりません。

 

となると、100歳まで生きるのって、
経済的にもかなり大変だと思います。

 

子供や孫がいれば助けれくれるのでしょうけれど、
独身の場合は、頼る人がいないですからね。

 

こればっかりは、どうしようもありません。

 

こういった悩みが独身女性の寿命を短くしている
原因の1つなんでしょうね。

 

まとめ

 

独身女性の寿命が短い理由について
まとめてみました。

 

何歳まで生きたいかは人それぞれですが、
人生は何歳まで生き方ではなく、 どんな生き方をしたかの方が
大切ではないかと思います。

 

悔いのないように、毎日精一杯生きたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)